花より男子

「恋愛漫画」の金字塔と言えば、
1990年代を代表する{『花より男子』}です。
性格も顔もタイプも違う2人のイケメンが
ある1人の女の子を巡って争う―。
ハーレムというのは
いつの時代も女性を虜にするのです。

この漫画の主人公の[「牧野つくし]」は庶民の家の子で、
いわゆる{「普通」}の女の子です。
特別に可愛いわけでもなく、
とてつもない大金持ちでもなく、
モデルのような体型でもないです。
そんな「普通」という言葉が
良く似合う女の子を巡ってある2人の男性が争います。
その男性がまた普通ではないのです。
大金持ちのわがままボーイなイケメンの〔「道明寺司」〕と、
優しく主人公を支えてくれるイケメンの〔「花沢類」〕。
大前提として、まずこのような男性達はいないでしょう。
(日本中を探せば1人くらいはいるかもしれませんが…。)
そして彼らはどこにでもいる
「普通の女子高生」の牧野つくしに恋をするのです。
「普通の女子高生」と言いましたが、
牧野つくしには他の人とは違う面があります。
それは自身にとって
[悪]となるものには徹底的に立ち向かいます。

そして彼らの恋愛は静かにゆっくりと育むのではなく、
毎回事件を起こしながら{波乱万丈}に進んでいくのです。
どんな事件があっても、
男性たちは牧野つくしに恋をしています。
そこに女子が惹かれるのではないでしょうか?

自分を愛してくれる人が2人もいて、
自分のために2人が争う。
現実では中々起こらない事ですよね?
牧野つくしが誰かと付き合えば喜び、
牧野つくしが誰かと別れれば悲しみます。
読者はつくしと一緒に一喜一憂するのです。

「恋愛漫画」は、
自分が体験出来ない事を疑似体験出来ます。
恋をして、付き合って別れてまた恋をします。
めげずに自分自身を貫いて、
その先には好きな人との幸せな生活が待っている―。

まさに、「恋愛漫画」の[王道]といえる作品です。

ページのトップへ戻る